ダウンロード カメラ製品 SIGMA Photo Pro

SIGMA Photo Pro 6.5は、全てのSIGMAデジタルカメラのRAWデータの現像に特化した、直感的な操作で画作りが可能な専用ソフトウェアです。

本ページでは、「SIGMA Photo Pro 6.5.3 Windows版」、「SIGMA Photo Pro 6.5.3 Macintosh版」のインストーラープログラムのダウンロードがご利用いただけます。ダウンロードを開始される前に製品版に関する情報について必ずお読みください。

ダウンロード対象の方

SIGMA dp Quattroシリーズ、SIGMA sd Quattroシリーズ、SIGMA SDシリーズ、SIGMA DPシリーズをご購入のお客様

SIGMA
Photo Pro 6.5.3
for Windows

主な特徴

Ver.6.5.3

  • SIGMA dp QuattroシリーズのSFDモードで撮影したX3Iファイルに対応しました。
  • 白とび軽減機能の効果の最適化を図りました。
* 4月26日に公開したファームウェアにアップデートを行ったdp Quattroで撮影したRAWデータ(X3Fファイル、X3Iファイル)を現像するには、SIGMA Photo Pro 6.5.3が必要となります。 * GPU高速化モードがご利用できないお客様はこちらをご覧下さい。

Ver.6.5.2

  • dp Quattroおよび、sd QuattroシリーズのX3FファイルのRAW現像時において、ノイズ処理の向上を図りました。
  • 環境設定内にあるGPU高速化を有効にした際の速度の向上を図りました。(効果はご使用のコンピュータ環境によって異なります。)
  • GPU高速化を有効にした際に、一部のコンピュータ環境において動作エラーとなる現象を修正しました。
  • GPU高速化を有効にした環境で、複数の画像を選択して現像処理を行うと、一部のコンピュータ環境によっては、現像途中でエラーが発生する 不具合を修正しました。
* SIGMA Photo Pro Ver.6.5.0から、動作条件をIntel Core2 Duoプロセッサ以上(Intel Core i シリーズ相当を推奨)で3GB以上のRAM(8GB以上を推奨)を搭載したパーソナルコンピュータに変更させていただいております。また、32bitシステムでは、印刷機能、スライドショー機能、レビューウインドウの複数表示がご利用になれません。これらの機能を使用される場合は、SIGMA Photo Pro 6.4.1をご利用願います。ダウンロードはこちら

Ver.6.5.1

  • グラフィックボードのドライバが最新版でない場合でもQuattroシリーズのX3Fファイルが開けるように対応しました。

Ver.6.5.0

  • SIGMA sd Quattro HのRAWデータ(X3Fファイル、X3Iファイル)に対応しました。
  • RAWデータのレビューウインドウでの画像処理や画像の保存の際にGPU(Graphics Processing Unit)を使用することで処理の高速化を図りました。(sd Quattroシリーズ, dp QuattroシリーズのRAWデータのみ)
  • SIGMA sd Quattro Hで撮影したDNGファイルのサムネイルおよび撮影情報表示に対応しました。(DNGに対応した現像ソフトで編集した場合は表示されません。)
  • SFDモードにおいて、フレーム間の軽微なズレに対応できるようにいたしました。
  • SIGMA sd Quattroシリーズおよび、dp Quattroシリーズで撮影したRAWデータの現像時におけるノイズ処理のアルゴリズムを改善しました。
  • SIGMA sd Quattroシリーズおよびdp QuattroシリーズのRAWデータの調整設定Autoの現像処理アルゴリズムを変更しました。
  • 表示画質優先時と表示速度優先時のAuto現像のパラメータが異なる現象を修正しました。
  • SIGMA Capture Pro から画像が転送されたときに、レビューウインドウが開かない設定を追加しました。
  • アップデート通知機能を搭載しました。
  • 一部の機能について、ポップアップで解説表示をするように変更しました。

ご注意

  • Windows7(64-bit)及びWindows8(64-bit)で本アプリケーションソフトウェアを動作させる為には、Windows Update更新プログラム(KB2929755)がインストールされている必要があります。Windows Update更新プログラムを手動設定にされている方は、Windows Update更新プログラム(KB2929755)をWindowsアップデートサイトより入手して、インストールを行った後にSIGMA Photo Pro 6.5.3のインストールを行ってください。
  • インストーラープログラムのダウンロードを開始する前に、コンピュータ上の全てのアプリケーションが終了していることを確認してください。
  • ダウンロードボタンをクリックして頂くか、マウスの右ボタン(右クリック)を押してダウンロードを行ってください。
  • お客様が指定した保存先にSPP_6.5.3_setup.exeファイルが保存されているかどうかご確認ください。

インストール

  • ご使用のパソコンに「SIGMA Photo Pro 6.5.2」がインストールされている場合は、はじめにコントロールパネル内のプログラムと機能(Windows 7の場合)から、ソフトウェアのアンインストールを行ってください。「SIGMA Photo Pro 6.5.2」が残ったままインストール作業を行うと正常にインストールが行えません。本ソフトウェアのアンインストール後は、必ずコンピュータの再起動が必要です。
  • ダウンロードされた”SPP_6.5.3_setup.exe”ファイルをダブルクリックしてプログラムのインストールを開始してください。
  • はじめに設定言語の確認がありますので、ご希望の言語を選んでOKボタンを押してください。
  • その後は、画面に表示される手順に従って、インストールを実行してください。
  • 本ソフトウェアのインストール直後は、必ずコンピュータの再起動が必要です。

動作条件

  • Intel Core2 Duoプロセッサ相当以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ(Intel Core i シリーズ相当を推奨)
  • Windows 7, Windows 8, Windows 10のいずれかがプリインストールされたパーソナルコンピュータ(64bit OSを推奨)
  • 3GB以上のRAM(8GB以上を推奨)
  • 5GB以上の空き容量のあるハードディスク(10GB以上を推奨)
  • 24bit(約1677万色)以上のカラー表示が可能なグラフィックカード
  • 1024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
ダウンロード SPP_6.5.3_setup.exe (84.0 MB)

SIGMA
Photo Pro 6.5.3
for Macintosh

主な特徴

Ver.6.5.3

  • SIGMA dp QuattroシリーズのSFDモードで撮影したX3Iファイルに対応しました。
  • SFDモードの現像速度の改善を図りました。
  • 白とび軽減機能の効果の最適化を図りました。
  • フランス語および、ロシア語環境において、起動エラーが発生するバグを修正しました。
* 4月26日に公開したファームウェアにアップデートを行ったdp Quattroで撮影したRAWデータ(X3Fファイル、X3Iファイル)を現像するには、SIGMA Photo Pro 6.5.3が必要となります。 * SIGMA Photo Pro Ver.6.5.0から、動作条件を対応OSは10.9、10.10、10.11、10.12となり3GB以上のRAM(8GB以上を推奨)に変更させていただいております。 * GPU高速化モードがご利用できないお客様はこちらをご覧下さい。

Ver.6.5.2

  • dp Quattroおよび、sd QuattroシリーズのX3FファイルのRAW現像時において、ノイズ処理の向上を図りました。
  • 環境設定内にあるGPU高速化を有効にした際の速度の向上を図りました。(効果はご使用のコンピュータ環境によって異なります。)
  • GPU高速化を有効にした際に、一部のコンピュータ環境において動作エラーとなる現象を修正しました。
  • GPU高速化を有効にした環境で、複数の画像を選択して現像処理を行うと、一部のコンピュータ環境によっては、現像途中でエラーが発生する 不具合を修正しました。

Ver.6.5.0

  • 64 bit OSに対応しました。
  • macOS Sierraに対応しました。
  • SIGMA sd Quattro HのRAWデータ(X3Fファイル、X3Iファイル)に対応しました。
  • RAWデータのレビューウインドウでの画像処理や画像の保存の際にGPU(Graphics Processing Unit)を使用することで処理の高速化を図りました。(sd Quattroシリーズ, dp QuattroシリーズのRAWデータのみ)
  • SIGMA sd Quattro Hで撮影したDNGファイルのサムネイルおよび撮影情報表示に対応しました。(DNGに対応した現像ソフトで編集した場合は表示されません。)
  • SFDモードにおいて、フレーム間の軽微なズレに対応できるようにいたしました。
  • SIGMA sd Quattroシリーズおよび、dp Quattroシリーズで撮影したRAWデータの現像時におけるノイズ処理のアルゴリズムを改善しました。
  • SIGMA sd Quattroシリーズおよびdp QuattroシリーズのRAWデータの調整設定Autoの現像処理アルゴリズムを変更しました。
  • 表示画質優先時と表示速度優先時のAuto現像のパラメータが異なる現象を修正しました。
  • SIGMA Capture Pro から画像が転送されたときに、レビューウインドウが開かない設定を追加しました。
  • アップデート通知機能を搭載しました。
  • 一部の機能について、ポップアップで解説表示をするように変更しました。

ご注意

  • インストーラープログラムのダウンロードを開始する前に、コンピュータ上の全てのアプリケーションが終了していることを確認して下さい。
  • ダウンロードボタンをクリックして頂くか、キーボードのControlキーを押しながらマウスボタン(Control+クリック)を押して下さい。
  • 表示されたメニューの中から「リンク先のファイルをダウンロード」を選択して下さい。ファイルのダウンロードが開始されます。
  • ダウンロードが完了すると、ダウンロードした「PhotoPro6.5.3.dmg」ファイルが自動的にマウントされ、デスクトップに「PhotoPro6.5.3」ディスクイメージが表示されます。ファイルが自動的にマウントされない場合は、ダウンロードした「PhotoPro6.5.3.dmg」ファイルをダブルクリックして下さい。デスクトップに「PhotoPro6.5.3」ディスクイメージが表示されます。
  • インストール後の初回起動時のみ時間(約1~2分程)がかかります。完全に立ち上がるまではアプリケーションの操作はお控え下さい。

インストール

  • 「PhotoPro6.5.3」ディスクイメージ内にある「SIGMA Photo Pro 6」フォルダを「アプリケーション」フォルダにドラッグ&ドロップします。コピーが完了するとインストール完了です。
  • アプリケーション フォルダを開くには、Finder メニューの 移動 > アプリケーションを選択します。

動作条件

  • Intel Core2 Duoプロセッサ以上を搭載したパーソナルコンピュータ(Intel Core i シリーズを推奨)
  • Mac OS X Ver.10.9 , 10.10, 10.11, 10.12
  • 3GB以上のRAM(8GB以上を推奨)
  • 5GB以上の空き容量のあるハードディスク(10GB以上を推奨)
  • 24bit(約1677万色)以上のカラー表示が可能なグラフィックカード
  • 1024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
ダウンロード PhotoPro6.5.3.dmg (91.3 MB)